粗大ごみ切断機

剪断式切断機(油圧式)

パワフルな切断力、豊富なバリエーション
標準化設計による低コスト化を実現

特徴

  • パワフル
    伝統的な油圧方式は切断能力を最大200トンまで設定できます。
  • 低コスト
    設計の標準化により、低コスト化を実現しました。
  • 豊富なバリエーション
    油圧駆動の利点を生かし、投入ケースにウイング式の圧縮装置を設置したり、切断速度や切断力、縦刃の設定による切断寸法などを任意に設定できますので、幅広いニーズにお応えできます。

主な仕様

主要モデル 対象物
(γ=0.1)
処理能力※1 動力 切断力 せん断サイズ 破砕室寸法
(参考値)
重量※2
(参考値)
圧縮装置
(ウィング式)
飛散防止カバー
剪断式切断機 可燃性粗大ごみ 0.5t/h 7.5kW 103t 100mm~400mm
(調整可)
1000W× 600H × 3000L 10t

1t/h 15kW

2t/h 37kW 148t 1200W× 600H × 3000L 10.5t

3t/h 45kW 164t 1500W× 1000H × 3000L 11.5t

:オプション 仕様は主要モデルの参考値です。予告なく変更されることがあります。お客様の要望仕様に応じた設計対応が可能です。
※1 処理能力は右記条件によります(1.ρ=0.1の混合ごみ 2.せん断サイズ=400mm 3.投入時間は除く(=0sec) 4.オプション未装着)
※2 重量は本体及び送りケースの参考値です。

ギャラリー

剪断式切断機
剪断式切断機のイメージ図
剪断式切断機

押切式切断機(油圧式)

製紙業で出るラガーロープの切断で活躍
FRP製品、魚網等の強力切断処理に最適

特徴

  • 押切式の強力切断
    せん断式切断機や2軸破砕機では切断が困難だったラガーロープやワイヤー入りコンベアベルト等を押切式の鋭い刃で切断します。今まで処理できなかったラガーロープやFRP製品、魚網などの切断処理が可能となりました。
  • 押切式専用刃
    刃物は耐久性が高く、しかも交換が容易な構造です。
  • 自動サイクル運転
    1サイクル自動で、投入後50mm~400mmの長さで順次強力(約150トン)切断していきます。切断処理し選別することで、金属回収や焼却処理が容易となり、廃棄コスト削減やリサイクル利用が図れます。

主な仕様

主要モデル 対象物
(γ=0.1)
処理能力※2 動力 切断力 せん断サイズ 破砕室寸法
(参考値)
重量※3
(参考値)
押切式切断機 可燃性粗大ごみ
不燃物粗大ごみ※1
1t/h 11kW 164t 50mm~500mm
(調整可)
1400W× 600H × 3000L 19t
2t/h 22kW
3t/h 45kW
※1 金属ワイヤーなどが入ったベルト、シートなど。
※2 処理能力は右記条件によります。(1.ρ=0.2のラガーロープ 2.せん断サイズ=300㎜ 3.投入時間は除く(=0sec))
※3 重量は本体及び送りケースの参考値です。
*ラガーロープとはパルパーや古紙溶融過程で排出される金属とごみのロープ状の物です。金属やワイヤー等と紙が圧縮して絡まりあったラガーロープは破砕困難として
過去はそのまま廃棄されていました。回転軸式破砕機ではコストがかかるラガーロープを必要な切断長に破砕できるラガーロープ切断機の需要に応じて開発しました。
*上記仕様は主要モデルの参考値です。予告なく変更されることがあります。お客様の要望仕様に応じた設計対応が可能です。

ギャラリー

押切式切断機(油圧式)
押切式切断機 機器イメージ図
押切式切断機(油圧式)
メニュー