【業界情報】オリックス資源循環にて鎌倉市の事業系一廃の受入

【業界情報】オリックス資源循環にて鎌倉市の事業系一廃の受入

オリックス循環資源株式会社様と鎌倉市にて事業系一般廃棄物の再資源化に関する業務委託契約が締結されたとの記事が2022年7月4日付の循環経済新聞に掲載されました。鎌倉市より受け入れる事業系一廃を国内最大の乾式バイオガス発電施設「彩の国資源循環工場」にて再資源化するとのこと。

本施設はヘリオスにて原料ごみを破砕する乾式メタン発酵前処理破砕機を2台納入している施設です。
ヘリオスでは今後も、バイオマス発電や再資源化施設でのより一層の貢献を目指し、研究開発に努めます。

2022年7月4日付け循環経済新聞4面より抜粋