粗大ごみ切断機(押切式切断機)

押切式切断機(油圧式)

製紙業で出るラガーロープの切断で活躍
FRP製品、魚網等の強力切断処理に最適

特徴
  • 押切式の強力切断
    せん断式切断機や2軸破砕機では切断が困難だったラガーロープやワイヤー入りコンベアベルト等を押切式の鋭い刃で切断します。今まで処理できなかったラガーロープやFRP製品、魚網などの切断処理が可能となりました。
  • 押切式専用刃
    刃物は耐久性が高く、しかも交換が容易な構造です。
  • 自動サイクル運転
    1サイクル自動で、投入後50mm~400mmの長さで順次強力(約150トン)切断していきます。切断処理し選別することで、金属回収や焼却処理が容易となり、廃棄コスト削減やリサイクル利用が図れます。

主な仕様

押切式切断機 主な仕様一覧 ダウンロード(PDF:170KB)

機器の写真

押切式切断機(油圧式)

機器イメージ図

s_06_kiki_01